iPadの選択

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月25日にiPad2が日本でも発売される。iPadを物色中の方は、もう少し待ったほうがいいかも知れない。が、今日の話は、そのことではなく、Wi-Fiモデル限定での16Gと32Gと64Gのどれを選んだ方がいいのかという私個人的見解の話。

もちろん、人それぞれだと思うが、結論からすれば、ビジネスユースで、インターネットにつながる環境さえしっかりあれば、16Gで充分だということ。実際いま使っているのが64Gと、16G両方使っているが、現在64Gのメモリーをどれだけ消耗しているかというと、iPadを、iPodとして音楽や、動画(映画)そして、電子書籍などをよほど入れなければ、16Gでまったく問題ない。(もちろんタブレット端末の良さとして電子書籍の利用があるが…)

アプリをたくさんインストールするので心配だと思っている人がいるが、その心配も、ほとんどない。アプリは、それ程メモリーをくうものではないからだ。また写真や動画を保存したいと思っている人がいるが、それも心配いらない。そう、インターネット上のクラウドというサービスを使えばまったく問題ない。画像や動画は、iPadに保存するのではなく、ネットワーク上のクラウドサービスに保存すればいいからだ。もちろん使い方次第だけど、私は、iPadの使い方としては、iPodの延長と思って使ってほしくない。

だから、予算的に見ても16Gは、とっても魅力的な品となる。ただ、あくまで私の個人的な見解ゆえ、16G選択後、あとで恨まないように。プライベートユースで、音楽、映画や、電子書籍などを最大限で利用する人は、もちろん64Gを選択すべきだが。

ところで、話しが戻るが、iPad2が、出るまで待ったほうがいいかというと、結論からいえば確かに言える。おそらくではあるが、4月以降になると中古のiPadでもいいというなら、結構安く提供できるかも知れない。もちろん、旧タイプなら新品でも安くなる可能性もあるので、今は待ちかも。

まあ、そんな感じでiPadが欲しいと思っている人は、一度相談に乗りますよ。中古品として在庫が、入荷していれば、それなりにお安く提供ができるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク