パソコンがぶっ壊れた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メインで使っているパソコン(4年くらい前に購入Win VistaからWin7にアップデートしたばかり…)が今朝ぶっ壊れた。というか、電源が入らなくなった。ファンだけ回っていて、Biosすら起動しない。原因として考えられるのは、「電源部かマザーボードでは?」とネットで検索するとでてくる。しかし、それが本当なら、ちょっと面倒くさいし、お金がかかる。まだ他の原因の可能性もあるので、探ってみようと思う。しかし、今すぐ復活するわけでもなく、パソコンがなくては、仕事にならないので、当店で売っているパソコンにすり替えた。

むかしだったら、もっと大変な作業が待っていたが、今はとっても便利になった。壊れてしまってもあまり慌てていない自分に気づく。そう、データのほとんどが、クラウドに保管してあったからだ。メールデータもgmailで受信していたし、その他のデータもクラウドのサービスに保管してあったし、googleクロームというブラウザでIDやパスワードも保管してあるので、同期さえしてしまえば、全く問題なく新しいパソコン上でも別のパソコン上でも今までのように、作業ができる。

ただ、ちょっと面倒なのは、インストール型アプリケーションだ。ヤマト運輸のB2という出荷伝票をつくるソフトだが、これはそれぞれ固有のパソコンにインストールしていかなければならず、そのインストール作業にヤマト運輸に連絡したりしてちょっと面倒。また、ワードやエクセルなどのオフィースソフトは、再インストールしなければならない。まあ、その作業だけは、やはり、時間を奪われる。そうなると今流行のウェブアプリが、もっともっと便利なものとなり、インストール型アプリから完全に変わり得るウェブアプリの出現をただただ待ち望んでいる。

ただひとつ、ちょっと勿体無いと思っていることが、壊れたパソコンをWin VistaからWin7にアップデートしたばかりだったこと。マイクロソフトに連絡すれば、他のパソコンでも再インストールできるようだけど、やはり面倒…。

ソフト面の故障なら得意だけど、ハード面の故障となると、パーツ代に少々お金がかかるので、後回しになってしまうだろう。まあ、パソコンの異常や故障はよくあることなので、焦る前に、常にバックアップ体制を整えていくことが大切だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク