今後の日本の行く末(ちょっとたいそれたタイトル…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何を今更なんていわれそうですが、最近思うことは、日本ってこれから、どうなってしまうんだろう?といつも不安に感じつつも、もっと世界の人々に目を向けて行かなければならないことを感じるこの頃です。というのは、当方リサイクルショップを営む関係で、とっても外国のお客さまが多くなってきているということです。もちろん、昔から外国人は多かったのですが、日本人だけで商売が成り立たなくなってきているんじゃないだろうか?という不安なのです。

これから、人口がますます減り、日本人だけを相手にしていては、先づまりにならないだろうか?という思いつつ、そんな中、外国の人と話す機会があって感じたことは、日本人より外国人は、スマートフォンを持ち、facebookやtwitterをやっている方がとっても多いように思うのです。ただ、日本語はペラペラでも「読めない」と言われました。それでも日本人より国内にいる外国人は、より先鋭的な人たちではないだろうか?

そうなら、日本人以上に外国人に対してもっと情報発信してもいいのではということです。最低限として英語での発信。もちろん翻訳のシステムも随分充実してきましたのでそこまでやらなくてもいいのかな?なんて思ってはいますが、意識は必要でしょうね。

通販サイトも海外発送不可なんてしていましたが、果たしてそれもどうか?逆に海外向けにももっともっと開拓の必要があるように感じつこの頃です。

まあ世界が日本を良くも悪くも注目してくれている時代。それ故、今後の日本の生きる道は、結局海外に求めていかなければならないのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク