ITを駆使すると物が集まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当方リサイクルショップ経営者。かれこれ今の店は13年経つ。早いものだ。リサイクルショップと言えばとってもアナログな商売ということは、説明しなくてもわかってもらえるはずだ。そんな商売を営むには、売るものを集めなければならない。金に物言わせて片っ端から仕入れてしまえばそれなりに物は集まる。しかしそんな大金がない場合は、どうしたらいいのか?それにいかにお客様に安くて必要なものを集められるかということを考えると、高い仕入れでは安く販売などできるはずもないので他の方法を考えなければならない。

もちろん、当時は、いろんな方法で品集めをした。手作りのチラシを一軒一軒ポスティングして電話待っていたり。引越屋さんへ行って引越の不要品を引き取ってきたり。また電気屋さんに行って買い替えの家電製品を引き取ってきたり。色々いかに安く仕入れるかがポイントだった。もちろんどれもそれなりに成功だった。結構物は集まるものだ。ところが、当然ながら非効率な仕入れであって、時代の流れの中でどんどん競争相手も増えてきて物が集まらなくなっていく。

そんな中一つの大きな希望があったは、それはインターネットそのもの。もちろんこの店はじめる時と同時に始めたインターネット。右も左もわからない状態で始めたホームページの公開。そうお店の開店と同時に自分で作ったホームページが救いとなる。そうただ単純なお店の紹介サイト以外に、同時に不要品引取サイトを構築し、全国に発信するとどんどん品物が当店に届くようになった。また買取サイトも構築すると、近郊の人から最新家電の査定の電話連絡がはいる。またネットを見たという人から、引越時など家電の引き取りや家屋解体するのでその前に引取できるものないだろうかなどの電話がはいる。そう、ネット経由のお客様ばかりとなり、とても効率的な仕入れができるようになった。

そうなんです。アナログな商売をやってはいるが、もはやIT駆使していくことによって物が集まるようになったのです。ちょっと集まり過ぎているようにも思うのですが、まあそれに見合った販売が出来ればいいんですがね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Seiji Matsui より:

    リサイクルショップあこがれるなあ。

  2. はい、私は趣味でリサイクルショプをはじめました。
    っていうくらい結構自分の趣味とあっていますよ。
    最新情報関連機器のすぐ査定してって電話がはいります。

  3. Seiji Matsui より:

    実はリサイクルショップを少しだけやっていたことがあって(やとわれ店長)売る人喜ぶ、買う人喜ぶ、お店も喜ぶ、そんな商売だと思うんですよね。

  4. へえ~。ぜひ経営してみては?
    お客様と結構楽しく趣味の話したり楽しいですよ。
    お客さんとカラオケいったりしていますよ。

  5. Mino Koike より:

    ネットショップ的なものには限界を感じますが、アナログ的なものとインターネットとの融合で生み出せるものは他にも多くあるように思います。

  6. そうなんですよ。アナログなものほど、デジタルに向いているものはないと自負しています。
    例えばネットオークションなどは、その典型的なものだよね。
    だからちょっとネットに向いてないと思うものほど知恵を使えば大きく発展しそうです。
    わんちゃんも超アナログだもんね。

  7. Mino Koike より:

    そうなんですよ。当初はペットフード販売の目的で始めましたが、店頭販売の子犬子猫の紹介の方に可能性を感じ、そちらに力点をおいて正解でした。他の業種でも同様のことがあるように思います。

  8. YouTubeでの動画大正解ですね。
    これは、絶対に成功しますよ。
    ワンちゃん猫ちゃんは、ものすごく可能性を感じてしまいます。