社会のためになるサイトを作る。

今日ある友人が訪ねてきた。ホームページを作りたいと申し出てきた。当然自社の宣伝ページを作ることが目的。もちろん全くもって正論である。もうすでに多くの自営業者もそれなりのホームページを持っている人が多くなった。しかし、どんなサイトを作ったらいいかという根本的なことから悩んでいる。最低限として、営業内容から地図、問い合わせ先、オーナー会社紹介等が必要になるが、それだけでは、ちっとも面白いサイトとはいえない。というか、繁盛するようにしたいというのはだれでも考えることは同じだが、果たしてそんな当たり障りの無い情報だけで、繁盛するのだろうか?という疑問。ホームページ持ってないより、持っていたほうがいいに決まっているが、それだけでは、より多く繁盛とは行かないだろう。

また、とかくSEO対策(検索エンジン上位表示対策)ばかり気にしている人って結構多いような…。しかし、問題なのは、自分のサイトが、どれだけ訪問者のためになっているサイトとなっているかということ。

ホームページ作成は、確かに自己主張であり、宣伝であり、多くの人に見てもらわなければならない。でも自己主張しすぎて、訪問者から見れば、何の得もないサイトって結構多い。ネットで一儲けしようと思ってサイト作成するが、訪問者からすれば、まったくもって不要な情報ばかりとなり得る。

ネット利用者は、まず自分にとって有益な情報を探している。検索とは、そういうことであって、サイトを作る側からすれば、検索してもらった方のためにどれだけ有益になっているかということが重要である。

話は戻るが、その友人は自動車板金の専門家だ。「培ってきた情報を惜しみなく公開すれば」と伝えた。そう、これだけ景気が悪い時に、「そんなことしたらお客が減ってしまうんじゃないか?」なんて思っただろうけど、あえて、「誰でもできる板金修理」とか題してブログ書けば、必ず多くの訪問者を獲得できるんじゃないだろうか?

そう、そんなサイト作りをして自社サイト内で連携すれば必ず多くの人に見てもらえるはず。そして、その情報を見た人は、他にその情報を拡散してくれるかもしれないし、実際「自分でやってみたけど、やっぱり専門家に任せたほうがいいかも」と思うかもしれません。それで情報を提供してくれた方にはきっと恩義があるはずなので、近くならひょっとすると修理依頼が入るかもしれません。

ですのでホームページ作成の基本は、サイトオーナーが先に利益追求でなく、訪問者のためになるサイト作りをしているかということが、基本になるだろう。繁盛するかしないかは、社会のためになっているサイト作りを心がけられる否かである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク