一週間遅れの父の日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日ゆうパックが届いた。送り主は、名古屋に行っている娘からだ。いったい何が入っているかと心ウキウキさせながら、開封してみる。そう、父の日の贈り物としてボタンダウンのシャツと手紙であった。私がボタンダウンのシャツしか着ないことをよく知っていることにまず感動。また当方リサイクルショップを営んでいるので、結構衣類も商売上入荷するので、娘はきっと何を贈ろうか必死になって考えたに違いない。でもこのシャツは、大学生の娘のナケナシの小遣いを貯めての結晶であることぐらいは、父としてわかるので、また感動。

そして、その初めて書いたという手紙を読ませてもらった瞬間…
              …花粉症がまた始まってしまった。

このシャツ、勝負服として、また人前に出る時、着せてもらうつもりだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク