プレゼンテーションのマナー、デスクトップ画面を整理しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼンテーションを見たりすることが多くなった。自分もプレゼンテーションする機会も数多くなる。

人前に出るってことは、最低限のマナーも必要でしょう。つまり身だしなみはもちろん、言葉使いや、態度など重要な要素です。ただ最近は、そのプレゼンテーション自体、親近感を出したほうが受けが良くなりました。

スポンサーリンク

アップルのスティーブジョブスをみれば、それがよくわかる

アップルのスティーブジョブスをみれば、それがよくわかります。ネクタイ不要にしてくれたのはとてもありがたいです。プレゼンテーションする場所によっては、Tシャツジーパンで全く問題のない時代となりました。

しかし、だからといって、すべてのマナーがなくなったとは思いません。プレゼンテーションするには、それなりの準備も必要です。なんでもありってわけではありません。

プロジェクターに映し出すパソコンのデスクトップ画面のマナー

まあ、身なりや言葉使いのことは、他の人に任せてここで言いたかったことは、プロジェクターに映し出す端末であるパソコンのデスクトップ画面のことです。

普段使いのパソコンをもってプレゼンテーションをされるのは当然ですが、そのパソコンのデスクトップ画面があまりに整理整頓されていないのを見てしまうと、私は、ちょっとげんなりします。

デスクトップにファイルやフォルダー、そしてショットカットなど置いておいたほうが実際のデスクワークには便利かも知れませんが、人前でプレゼンテーションする場合、スクリーンに移しだされるのは、普段使っている自分のデスクトップ画面が出てしまうのです。

もちろんどんなにデスクトップが汚くてもその画面を映し出さないようにすれば何の問題もありませんが、多くの観客に自分のデスクトップ画面をさらけ出すことは、ちょっとどうかな?なんて思ってしまいます。

一番いいのは、そのデスクトップ画面を見せないでプレゼンテーションできるようにすればすむことです。

しかし、なかなかそんな芸当は、簡単ではありません。(いや、大きな会場では、それは必須ですが…)普通は、ついデスクトップ画面を公開してしまうことになるのです。

なのでデスクトップの画面の整理整頓も必須のように思います。無駄なファイルやショットカット置いていませんか?

なかには、勘違いしている人がまだまだいそうなのですが、パソコンをお店で購入する時、そのパソコンのデスクトップ画面にショートカットアイコンがいっぱい並んでいるほうが、高級品と思っている人です。

それは、大きな間違いで、多くは、オマケのアプリケーションや、広告など全く不要なアイコンなのです。

そんなアイコンは、使わないならゴミ箱に入れてしまえばスッキリします。そう、デスクトップには、ゴミ箱だけで十分なのです。

もちろん普段の仕事でデスクトップにファイルやフォルダをおいておいたほうが仕事が捗ることはあるでしょう。もちろん否定はいたしませんが、せめてプレゼンテーションでパソコンを持ち出し、プロジェクターに写しだすときは、できればスッキリしたデスクトップ画面にしておいたほうがいいのではないでしょうか?

ちょっと最近、思ったことです。

スポンサーリンク