虫の話から国際情勢の話まで…ヒアリからトランプ大統領まで…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

虫の話

夏になると、いたるところで虫の話題に事欠かない。ヒアリなどの外来生物の問題はとっても深刻だ。またマダニによるウイルス感染や、ススメバチの巣の駆除のニュースも結構テレビで見かける。

確かに、人間にとって危険な害虫は、駆除しないといけないのだが、ヒアリが危険であって、アリのすべてが危険のように判断して、アリの駆除の薬品が売れてしまっているのは果たしていかがなものか?

もちろんそのヒアリ駆除に使うならいいが、一般家庭の人が、ヒアリが怖いと思って自宅の庭のアリ退治をすることは、あってはならない気がする。

またアシナガバチの巣が見つかったら、皆さんは駆除しますか?私は、アシナガバチに対しては、危険とは思っていない。スズメバチと違って自分からちょっかいをしなければ刺されることはないはず。

確かについ最近、子どもがアシナガバチで刺されたというニュースがあったが、アシナガバチがいかにも危険生物のように思わせることに、私は、疑問を感じる。

このような問題で、一つの危険な事があった場合、大括りですべて危険と判断してしまうことだ!

これは、虫の話だけではなく、一人の危険な人がいた場合、その国、その民族、その地域、その宗教、その政治団体など、一人の間違った人によってその大括りが、全て悪とみなされてしまうことだ。それは行き過ぎた考えであって、もっと冷静に判断をしないといけない気がする。

今とっても朝鮮半島がきな臭い

また、今とっても朝鮮半島がきな臭い。金正恩とトランプ大統領の舌戦が激しくなってきている。金正恩の発言は、日本にとっても限りなく危険な発言であって、今日本もタカ派の安倍総理でよかったとつくづく思うのだが、逆にトランプ大統領が金正恩の挑発に乗らないことをだただ望みたい。危険なのは日本に侵入したヒアリであってアリの仲間が悪いわけではない。スズメバチが危険であってハチのすべてが危険なわけではない。
Embed from Getty Images
万が一、トランプ大統領が北朝鮮を攻撃するようなことがあったら、罪のない北朝鮮の民間人や隣の韓国人や日本人、そして本国のアメリカ人にまで被害が及ばないようにただただ願うだけである。

大きな話になってしまったけど、国際情勢や、人種差別、政治などにも関連する話ではないだろうか?

最後に、再び虫の話に戻るが、危険な外来生物のヒアリを怖がることで、ヒアリでない日本に昔から住んでいるアリの仲間を駆除しないようにしたいものだ!

スポンサーリンク

コメント

  1. mino1k より:

    ん~、ですよね。
    在来種のアリを駆除すると、より外来種のヒアリが繁殖しやすくなるようですし…。
    政治も同じかもしれませんね。

  2. 中村 純一 より:

    みのさん、コメントありがとう!
    なんか難しい話書いてしまいましたが、大括りで悪と判断してほしくないなってね。ヒアリを退治しないといけないのに、本来昔からいる在来種のアリまで駆除してしまったら、ヒアリにとっては好都合になってしまうよね…

    戦争になった時、民間人まで犠牲になることは絶対に避けないといけないなってね。