ミヤマクワガタゲット!★夜な夜なカブトムシ捕りへ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木の幹にいたミヤマクワガタ♂♀交尾中?昨日、我家におしゃれさんが、遊びに来てくれた。そうパソコン関連のことで、ちょっとしたホームページ作成相談。まあその話は別にして、終わってから、おしゃれさんと、次男を連れてカブトムシ捕りに行った。今回は、今日ちょっと下見にいったところで樹液ぶんぶんの木がある山を見つけたので、夜な夜な10時過ぎに3人でその山に向かった。結構近場だ。場所はちょっと言えないが、いい感じのところだ。そこで息子が見つけたのがこのミヤマクワガタだ!一見この写真見てもわかるように茶褐色で大型だったので、息子が「カブトムシ!」と叫んだくらい。でもよく見るとなにやら違う。おしゃれさんが、「ミヤマクワガタだ!」と叫ぶと、3人でにんわり…。それを剥がすと、♂の下に♀がいるではないか!そう交尾?しながら樹液を吸っていたわけなんですね。

ミヤマクワガタ、ノギスで測る早速その場でノギスで測ってみた。体長70mmオーバーだ!これだけの大型のミヤマクワガタははじめてだった。やっぱりクワガタはいい。カブトムシもいいけど、ミヤマクワガタは、やっぱり憧れる。なんともいえない鎧をかぶっているような風貌。男なら一度はゲットしたい昆虫の一つに違いない。そうそう、ミヤマクワガタって「深山鍬形」って書くんですって。そうちょっと山に行かないと捕れないクワガタみたいで、確かに若干標高の高いところで捕れました。近くに竹藪があっていそうな雰囲気をかもし出していましたよ。

昨日の成果(ただしゲットした時間は、深夜12時前後)
ミヤマクワガタ♂♀一対。他のコクワガタなどはリリース。

今回ゲットしたミヤマクワガタ♂

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. さとやん より:

    すごく強そう。どうだ!オスだぞ!って感じです。

    私は子供の頃、クワガタやカブトムシが素手で
    触れない少年でした。大人になっても同じで、
    子供たちを虫取りに連れて行った記憶がありません。ダメな父親でした。

    じゅん吉さんの子供さんは、とても幸せですね。

  2. じゅん吉 より:

    さとやん、、ようこそ!

    わたしがカブトムシが大好きになった理由のひとつがこのブログ記事に書いてあります。よかったら参照ください。
    http://blog.goo.ne.jp/junichix/e/1c7994db4fa3ffec6c19760bcc14f9b4

  3. たんたん より:

    とんとん。
    お世話になっております。

    クワガタかっくい~~~~!!
    いいな、いいな~~~!クワガタさん わ つおい し
    かっくいいから すき~。
    じゅん吉さん家のお子になりたいな~。
    あはは、の、は。

    ありがとございました。

  4. じゅん吉 より:

    た!たんたん!!!

    ずっとずっとご無沙汰しててごめんね!
    なかなかこっちから遊びに行けなくって本当ごめん!いや~。ホント懐かしい!
    たんたんは、女の子なのにクワガタがすきなの?
    へ~!
    その事がすご~いい!!
    カブトムシやクワガタが好きな男の子って以外にもてないんだよね???(笑)ははは!!
    それは、どうやら、ゴキブリとカブトムシが一緒だと思ってる女の子が結構いるんで、案外嫌われちゃうんだよね!(笑)

    カブトムシクワガタがすきな女の子ってとってもすばらしいなって思うな!!

    よっし!我家の子になるか!!

  5. さとやん より:

    じゅん吉さんの2年前のブログを
    読ませていただきました。

     >その時の父親をどれだけ尊敬したか!
      父親ってすごいな!って。。。

    この部分、胸にグサッと刺さりました。

    果たして、我が息子は…。

  6. じゅん吉 より:

    さとやん!

    尊敬できたのはそのときだけかもね?(笑)
    でも今だにその思い出として、明確に覚えている。
    ホント手のひらほど大きかったんですよ。カブトムシが…。幼稚園だったか、小学生だったか忘れてしまったけど、そのときの手のひらだから実際にはそれほど大きくなかったのかもしれないけど、それは子供心に衝撃が走ったのを覚えていたんです。

    そんな体験をわが子供にもさせてみたい…。って思ってしまうんですね。決していい親気取りしてるんじゃないですが。単純なだけ…

    でもさとやんの子供さんだってきっと今のお父さんの姿見れば尊敬されているに違いないです。過去の出来事でだけなく現在の自分の姿を見せ付ければいいんですからね。

  7. オチ より:

    うらやまし~
    僕はクワガタのなかでは
    ミヤマが一番好きです。
    色が何ともいえないですよね~
    まだまだ今シーズンがんばります。

    そういえば水銀灯下ではありますが
    とてつもないカブトムシポイントを発見しました。
    1時間で20匹近く捕れましたよ。
    明かりの下は邪道なような気がしますが・・・
    車にひかれないように救出する意味でも
    もう少し通ってみます。

  8. じゅん吉 より:

    オチクン!ミヤマ見つけたとき、オチクンのこと思い出した。この場所は今度紹介したいところ。いいポイントだと思う。なかなか岐阜に招待できなくって何とかいい場所ないかって思っていたので、ミヤマ見つけたときはホント嬉しかったよ。
    それから水銀下であっても20匹のカブトってすごいよね。こっちももう少し岐阜を北上してカブクワのメッカを探そうと思う。

  9. ダサイタマ より:

    私の所は平地で市街と田園の境目の様なところに住んでいます。カブトムシ タマムシは時々見かけます。時々街の方からクマゼミが飛んできて鳴いています。

    子供の頃はクワガタを捕まえた事がありますが、みんなノコギリクワガタです。ミヤマクワガタはやはり山に行かないと捕る事は出来ないのでしょうか?捕まえられた時間は深夜の様ですが私は昼間の時間に捕っていましたがどうなのでしょう。
    今は車がありますので山にも簡単に行く事が出来ます。
    まあミヤマクワガタなんて諦めていますけど・・・・とても数が少なそうに感じます。

  10. じゅん吉 より:

    ダサイタマさん。
    いいところに住んでいらっしゃいますね。
    我が家の前が田んぼです。照明にカブトムシが飛んでくることもあります。
    ミヤマクワガタは、どちらかというと、ちょっと涼しいところの方がいるようです。
    街中の場合は、裏山でもちょっと高いところかな?ミヤマクワガタの場合、昼間でも捕った経験があります。
    また、山間部を探すと結構いるようですね。岐阜はそういう意味で非常に恵まれたところのようです。カブトムシはもちろん、クワガタの種類も多く、9月になっても飛騨方面に行くと、ヒメオオクワガタなどもいます。

    探す方法として、夜、樹液採集は、カブトムシ中心になりますね。
    それから、街路灯採集は、岐阜の場合山間部に向かってダムや橋などの明るい照明があるところは、結構飛んでくるようです。クワガタが多いですね。標高が高くなると、ミヤマクワガタや、アカアシクワガタもいますね。
    それから昼間、1000m以上の標高の高いブナ林目指して林道などに行くと、ヒメオオクワガタがいます。これは、結構面白いかもしれませんね。昼間の散策なので結構健康的ですよ。ただ熊には要注意です。

  11. ダサイタマ より:

    じゅん吉さん
    アドバイスありがとうございました。私の所から行くとすれば外秩父か奥秩父あたりです。北の方ですと東北自動車道を使って日光 那須方面です。いずれにしろ道は良く知っています。

    下手にネットで生息地の情報が分ってしまうと、みんな持っていかれてしまいそうで・・・
    “埼玉ミヤマクワガタ”で探すと以前毎年通った知っている地名が出てきました。
    でも採集出来る場所は決まっているのでどうかな?いったところです。
    伊豆半島も有名ですけど少し遠い、残念ですけど。でも何時か・・・希望が沸いてきました。

    あの70mmのミヤマクワガタは素晴らしいですね、でも一昨年のブログだったのですね。
    何か古い話ですみませんでした。

  12. じゅん吉 より:

    ダサイタマさん!
    来年がとっても楽しみですね。
    昆虫採集は、大人になっても面白いものです。いや、大人にならなければできない楽しみ方もありますね。私の場合は、子供にかこつけて、一緒になって楽しんでいますが、大人だけで昆虫採集もまたいいものです。クワガタカブトムシはいつも童心に帰らせてくれますから…。