岐阜地区中小企業家同友会のインターネット部会に招かれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は岐阜地区中小企業家同友会のインターネット部会に招かれた。そう今日の講座担当…。
今回で2回目なのだが、テーマが今日決まった。
1.モバイル向けホームページの作り方
2.簡単にできるホームページ作成方法
3.人が集まるホームページの作り方
ってわけ…まあテーマが決まれば何とか話ができる。
1.のモバイル向けっていうことで、携帯サイト作るってPCサイト作るより簡単なんだけど、機種や各携帯会社によっても微妙に違って見えるし、また携帯が日々進化しているし、ので、今の時にすべての携帯にあった携帯サイトを作ることって意外に難しいのかもしれない。でも私は最近PCサイトでも携帯向けを意識してサイト作りをしている。基本に忠実にサイトを作り上げれば、案外携帯からも表示されるからだ。そうテーブルタグ、フォントタグ、改行タグなどはできるだけつかわないようにする。また画像もできるだけ少なく軽めのもの。携帯に読む込ませる必要のない画像なら背景画像とするなど、いろいろ工夫すると案外携帯でも読み込める。ようするにスタイルシートを使いこなせば、かなり軽量化ができる。

2項目めの「簡単にできるホームページ」としてはやはりホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトを使うのが一番だろう。ホームページ作成って難しいと思いこんでしまえばそれまでだ!ホームページ作成ってなんだかマジックの種証しのようにも思う…。(私はちなみに学生時代マジッククラブに所属していた。)作り方の種さえ知ってしまえばそれほど難しいことはない。でもマジックを見ている人にとっては、それはそれは、不思議に見えてしまうのだが、やっていると当の本人にすれば、いたって簡単な仕掛けであることが多いんではないだろうか?もちろんその種をばれないように練習はしないといけないんだけどね…。

3項目めの「人が集まるページ」は、少々難しいかも…。でもホームページ作成の基本は、自己主張のように思うけど、でも実際は、どれだけ他の人から見たら、有意義なサイトを作っているかっていうところかもしれない。そうインターネットの時代において現在WEB2.0の時代が来たといわれている。WEB2.0って一体何だろう?なんて私も思う。いろいろ主張はあるが、私が思うに、情報双方向の時代においてどれだけためになる情報を無条件に公開できるか?なんて思う部分もある。そう、まず先に与えことから始めることではないだろうか?フリー、無料が原点。自分が売りたいと思っている商品がある場合、当然検索エンジンにひっかっかるように、SEO対策や広告などを介してクリックしてもらわないといけないんだけど、それより壱番重要なことは、私のサイトは、見てくれた方にとって有意義な情報を提供できてるかどうかが第一でないだろうか?売ろう売ろうということばかりが前面に出てしまっているサイトはほとんど一見さんで終わってしまうだろう。まずはどんなサイト作りをしたらいいか?そう売るページではない。見に来てくれた人にためになるページだ!外堀から作ってみるのもいい。本丸は最後でいい。無償で公開できる情報があればどんどん公開して集客する方法ってどうだろう?そうすれば、案外検索エンジン対策しなくてもキーワード探してわがサイトに訪ねてきてくれたりする。広告代もいらない。そしてヤフーディレクトリー登録や、オールアバウトのサイトなどから有意義なサイトだと思われれば、リンクしてもらいえる。ためになる情報サイトを作ることが一番大切なことではないでしょうか?

まあそんな感じでちょっとお話してみようと思っている。これから行ってきます!!講演原稿をブログで先に公開!!(笑)

ちょっと走り書き故、誤字脱字お許しを…あとでまた直します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. おしゃれ より:

    おはようございます♪

    1年以上前にこの記述をされていた事には、ただただ驚くばかりです。
    物事の進行には必ず時系列や時間軸が存在する訳ですが、私は普段からインターネットってそういった概念とは少し違うのかなぁ~とよく感じます。
    なぜならば時系列や時間軸の概念にはリカバリーショットや敗者復活戦等の言葉見つからないものですが、インターネットではそれらを見出す事が出来ると思うのです。
    施し、気配り、思いやりの気持ちを自然に醸し出せればインターネットでは『全てのチャンスは平等に分配される。』という事を体現できるからです。

    遅ればせながら年の瀬にその事に気づく事が出来た事が2007年の一番の財産です。

    じゅん吉さん本年も本当にありがとうございました。
    それでは、また♪