便利屋起業からリサイクルショップ開業へ。15年前のチラシ戦略…その4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その1または、カテゴリー「便利屋起業」からお読みいただければ幸いです。

チラシ戦略で、折込広告もいいのですが、なんと言っても、ポスティングだと対象を限定できるのがいい。また引越時の大学生は、新聞を取ってない場合も多い。そうなると折込広告より、アパートマンション限定にしてのポスティングがなんと言っても効果的である。ただどうしても人件費がかかってしまうのが難点なので、できるだけ自分で暇見て投函できるようにしている。しかし最近は、高校生の息子がアルバイト代わりに、投函してくれるようになったのでずいぶんと楽になった。また一件電話が入るとその周りをまた配って回る様にしている。配った分だけ見返りがあるので、これは今でも欠かさず配るようにしている。

ところで、またちょっと昔に戻るが、リサイクルショップを開業する前、便利屋開業と同時ではあるが、実は私は土日、フリーマーケットを趣味にしていた。そうチラシには、要らない物引取りの項目がある。そう、便利屋にしてもリサイクルのチラシにしても、要らない物引取りにいくとずいぶん使えるものが多い…。その品々は、私のフリーマーケットの商品(便利屋ではゴミとなりますが…)となっていたのです。他のフリーマーケット出店者は、私の仕入れがいったいどうなっているのか?きっと不思議がっていたに違いない。だって毎週毎週、次から次へと商品が入荷してくるですから。どう見ても家庭の不用品なので、フリーマーケットのプロのように見えないし、実は本当のプロ(売り上げ的には)だったのかも知れないけどね…。

そんなわけで、土日は、フリーマーケットで副収入を得ていたのが、いつの間にか、本当のリサイクルショップ経営者となってしまったのです。それも皆チラシ戦略のおかげです。しかしリサイクルショップを開業するとなるともうチラシだけの仕入れでは追いついていかなくなります。その後は、チラシ戦略からインターネット戦略へと移っていくのです。

とりあえず本日は、ここまで…続きはまた後日デス。便利屋生活ネット

続きはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク