長く続けてこそブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりにブログ論。ブログを始めて約4年半。あっという間に時が過ぎていく。始めた時は、ブログって一体何だろう?なんて思いながら何も解らず、ただひたすらくだらないことを書きつづったものだ。実際証拠としてこのブログの過去記事を読んでいただければどれだけくだらないか、正直恥ずかしい記事も数多くある。しかし、くだらない記事といえ、特別な事情がない限り削除などはしていない。いや、誤字脱字も気がつかないでそのままになっているところも数多くあるだだろう。そんなブログでありながら、現在も書き続けてはや4年半となった。もちろん途中で挫折しそうな時もあり、一か月まるまる書いていない時もある。ブログは毎日書くものだ、と言う人もいるし、そうでない、と言う人もいる。ブログって一体何なんだ?と問いかけても、答えはおそらく、出てこないかもしれない。時代とともに、ブログ自身も進化し、4年前と今とではずいぶんとブログに関する考え方も変わってきている。

ただ私が思っているブログ観とは、ただ続けることではないだろうか?続けて初めてブログといえる。もちろんいろんな事情があるだろう。しかし書き続けた過去の記事は、自分の財産であり、自分を振り返ることも可能であるし、それから、多くの人に自分を知ってもらう最強兵器のようにも思う。だから、とにかく続けること。それ以外にない。たとえ、月一となってしまってもブログは書き続けるべきだ。もちろん私自身もこれからも続ける自信などないのだが…。

それから、ブログサービスを渡り歩く人がいる。もちろんそれもよしとするし、複数ブログを否定しているわけでないが、そのブログで完結するのではなく、類似コンテンツなら、できればそれらのブログをひとつに統一できないものだろうか?過去の記事は、それで終わってしまったものではない。また、過去に書いた記事も生きているということに気が付いてほしい。

ぜひ、ひとつにまとめられるものなら、ブログサービス間のエクスポート、インポート機能を使ってほしいものである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ブログを始めた頃は何の為にやっているのかわからなく途中で挫折しましたが
    今は毎日更新するのが楽しみです。
    ノルマにならない様、楽しく続けたいと思います。

  2. じゅん吉 より:

    おそうじパパさん!
    ブログの楽しみの一つに、コミュニケーションがあります。
    このようにコメントいただけることは、ブログを続ける力となります。

    きっと、おそうじパパさんも、ブログの面白さにすでに気がついて
    いると思いますよ。