私自身のバックアップ。ホームページの管理について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット、ホームページをはじめて、はや9年になる。今まで多くの自サイトを作ってきた。そう、私の場合、基本的にビジネスに直結しているサイトが多い。つまりこれらのサイトなくして今の私の収入源が、なくなるということにつながる。これはとっても怖いことであり、よくバックアップとか言われているが、機械的バックアップは、絶対条件であるのだが、それより怖いのが、それを管理している私のバックアップだ。

要は、私自身が、万が一、何かの事情で、パソコンに向かうことができなくなったらどうしようと、ふと思った。人間誰でも年を取る。いや、不意の事故もあるかもしれない。そうなったら、果たして私のバックアップは存在するのだろうか?という不安。サーバーの契約、ID、パスワードの件、ドメインの更新、サイトそのものの管理などなど。

今まで築き上げたサイトが、サーバーの契約が更新されないで、すべてが、消え去ってしまうこともありえる。私にとって恐ろしいことである。もちろん、書類に記して、ありとあらゆる契約情報なども、残しておかなければならない。またその更新などをやってくれるのは、一体誰がいいのか?という問題…。

私には妻と、4人の息子がいる。19歳の長男が果たして、私のサイトの後継ぎとしてやってくれるのだろうか?それとも高校生の娘がいいのか、それとも、中2と小6の息子がいいのか?なんだか後継ぎの話のようで、年寄り染みてしまっているが、サイトも私にとっては、財産の一部、いや、すべてかもしれないからだ。

そんなこと思うようになったことは、いつまでも青春なんていってきた私だが、今日、長男が、19歳の誕生日を迎えたからだ。私自身も年を取った証拠なのだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 遊木童 より:

    すごい弱気なことを仰って、ご病気でもされたのですか? 最近、お会いしてませんので・・・
    ご自身のバックアップというより、体のメンテナンスは如何でしょうか?
    健康に気を使う年になりました。 でも情熱家のじゅん吉さんは、いたむことはないです。フリーズもあるわけないです。 バックアップは必要ないでしょう。 でも同じ4人の子供を持つ親としては、私も考えさせられるご意見です。

  2. じゅん吉 より:

    遊木童さん!
    ご心配お掛けしたようですね。確かにこんな記事書くと、ちょっと心配させてしまうようです。でもとくに何がと言うわけではなく、今までどおりで元気になっていますよ。

    ただ、何があるか分からないので、やっぱり自分自身のバックアップも考えないといけないんじゃないかってね。会社組織になれば、しっかりその役目などをお互いにカバーしあったりすることも可能ですがね。

    まあ、私の課題の一つだと今考えています。