停電時の教訓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家も台風21号で二日間に渡る停電となりました。まだ停電状態やそれ以上の被害を受けている方、そしてこの記事を書いているときに北海道の地震の情報が入ってきましたが、その方々へ、ただただお見舞い申し上げます。幸か不幸か、我が家は、二日間で復旧しましたが、今まで経験したことがない停電でしたので今後このような被害がないとも限らず自分への戒めのためにもここに忘備録として記します。

停電なんてすぐ復旧すると甘くみていましたので正直準備不足でした。精神的にかなりやられます。真っ暗な状態で過ごすこと自体そんなになれていません。便利になった生活からの脱却を常に心がけていたほうがいいです。

まず停電で使えなくなるのは数多くあります。

照明・空調はもちろん、電化されていると水まで使えなくなる。
お風呂やシャワーはもちろんトイレまで使えなくなる。井戸水の家庭も使えなくなる。(お風呂などガスであっても給湯が電気だと使えない)
ガスは使えても水が出ないので料理できない。
インターネットが使えない。スマホは大丈夫だが、Wi-Fiが使えない。
などなど…

まとめます。

使えなくなるもの

  • 照明
  • 風呂・シャワー・洗面・洗濯
  • トイレ
  • 空調
  • インターネット(Wi-Fi)
  • 電話(IP電話の場合)
  • 調理(ガスが使えても水が出ないと使えない)・冷蔵庫

などなど、スマホもバッテリー切れになると使えなくなる。

停電の可能性がある前に準備したほうがいいもの

  • 十分な水の確保/バスタブにためておく・ポリタンクに入れておく・できれば雨水もためて置ける場所作る(ボウフラ対策は欠かさず)
  • 保存食(調理不要な食品)・飲料水
  • 車のガソリンは出来るだけ満タンにしておく
  • スマホの充電
  • キャンプ用品/ランタン・懐中電灯などの照明
  • 乾電池・充電バッテリー(たくさんあってもいい しっかり充電しておく)
  • ラジオまたは、携帯テレビ
  • USB照明←これは便利
  • ノートパソコン(スマホ充電やUSB照明にも使える・テザリングで使用可能)

この中で情報自体とても重要に思いました。いつ復旧するか何度もウェブサイトを確認したりSNSのチェックをしていましたのでスマホの充電が足りなくなってきました。いつも以上に使います。よって充電バッテリー自体携帯用として小さめのものを利用したくなりますが、少々重たくても大きめの物も自宅用としておいておくのも必要と思いました。
今回大型バッテリーが大活躍しました。それにUSB照明も使えます。USB照明は、最近は比較的格安で手に入りますので数個購入しておくことをお勧めします。

気がついたことなので今後更新の可能性があります。また皆様からの意見も取り入れたいと思っています。
以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク