会話、それはギブ&テイク?★人に要求してもね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会話。それは人間にとって必要不可欠なもの。人間である証拠ではないでしょうかね?会話なくしては、わたくし生きていけません。会話とは、当然話しかけたことに対して、それなりの返答があること。これ当然ですよね。話してそれに対する返答があってはじめて、会話が成立する。一人に向かって話する時、相手から何らかのアクションがなければ、それは無視されたということになってしまう。

何も実際の生活の中での出来事ではない。ブログの中でも同様な事がいえるんではないのか?ブログとは、コミュニケーションツール。そうなると、ある記事にコメント、トラックバックを通して話しかけるといってもいいのではないのかな?その会話は、実生活と違ってもちろん時間差がある。でも、いつかそれに対してのアクションがあってもいいのかなんてつい要求してしまう。

決して人に要求するものではないけど、自ら話しかけたことに対して何らかのアクションを求めるのは自然な要求ではないのだろうか~?だからちょっとさびしいなあなんて思う事があるんですよ。今に始まったことで何も記事にするほどのことではないのだけど、最近、そういう事が結構多くってね。

普段の実生活の会話だったら、ショックで生きていけなくなるけど、ネット社会とはそんなもんかなってね?そう思いながらすごしているこのごろです。

それとも最近嫌われてるいるのかもしれないな(笑)!!!あはは!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けんちゃん より:

    想いは皆一緒!
    寂しいから、書き続けているのかもしれない。
    打ち込んでは自分でほくそえむ。そうやって楽しんでるんですよ。だから駄洒落になっちゃうのかな。
    議論を呼ぶような話題提供出来ればいいんだけど、私のジャンルは難しすぎてね。結局差し障りの無いことに終始しています。
    でも、来訪者が確実に増えてきていることは確かで、同じジャンルで議論展開出来そうになったら、少しずつ投稿していこうと思ってます。
    どちらにしてもじゅん吉さんのアドバイスで助かっているけんちゃんでした。

  2. えっけん より:

    Unknown

    求められたから、与えた(答えた)、この答えに対し、リアクションがないのは、ちとキビシイですが、
    一方的に求めた事に対し、そのリアクションを求めるのは良くない事ですね。
    求めても良いけど、強制するなと。

    自分にとって興味のあることが、相手にとっても興味のあることではないのです。

    以下、拙ブログ参照ください。
    むだづかいにっき♂:続・議論を呼びかけるトラックバック
    http://blog.goo.ne.jp/simauma_dx/e/5f7bdb6bb88ebd920dc2c42d3f287333

  3. じゅん吉 より:

    けんちゃん!
    いつもけんちゃんのコメントは会話のように感じます。
    記事と関係ないコメントだったりもすることたまにあるけど、なぜか、会話だと思うと、納得できちゃうんだよね。

    だからけんちゃんって自然体のコメンテーターだっていつも関心させられます。

    私は、けんちゃんのこの姿勢を応援します!

  4. じゅん吉 より:

    えっけんさん!
    記事アップされたとき、この記事、関連記事までも読んだよ。
    その記事に関してだけど、
    その通りだと思うよ。
    >「自分が興味のあることが、必ずしも相手も興味を持っている」と思い込まないこと

    当然だよね!それって。
    人に要求などしてはいけないのであって
    この場合の意見をもとめる行動は、はたしてどうかってね。

    私だってある程度、最低限の人間的マナーってのは、持ち合わしているので、えっけんさんの記事には賛同している。

    今回の私の件は、単純なことでして、深く考えなくてもいいんですよ。ブログのコメント授受を楽しんでみたいなって思っただけですから。

  5. じゅん吉 より:

    Kenさん!
    いやいや、いやな事があったわけではありません。
    ご心配かける記事になってしまいましたね。
    ごめんなさい。

    コメント授受でもっと楽しんでみたいなって思っただけでして。

    あ!けんさんが3人続いた!
    けんちゃん!えっけんさん!Kenさん!

  6. けんちゃん より:

    僕も気がついた。
    けんちゃん。
    他にもブログ仲間に今数えてだけで4人居る!
    じゅん吉さんの気持ちは、この私が一番分かってるな~と思った。
    記事と関係ないコメントだったりもすることしょっちゅうなので、これからも気持ちの上で制限するよう努力するね。
    時々戒めてね。久しぶりの投稿で嬉しかったよ。

  7. kuni@92の扉 より:

    こんばんは
    最近、ちょっと似たようなことを思って書いたエントリーがあるので、トラックバックをお持ちしました。

    会話とかメールとか、キャッチボールの終わらせ方というのも、実はちょっとした(コミュニケーションの)テクニックなのかもしれません。

    Internet を介したコミュニケーションでも、その向こうに人がいるんだ、ということを認識していれば、もう少し違う展開もあるんだろうな、と思うのですが、「そんなもんなのかなぁ」と思わざるを得ない展開も目にすることがありますねぇ

  8. π氏 より:

    こういうミスもあります。
    コメントをもらうとするじゃないですか?
    例えば 連続で11個。
    すると、サイドバーのコメント欄は最初の方の名前が流れてしまう。
    コメントをメールで管理されてる方は問題ないでしょうが、サイドバーを見てレスされてる方だとレスが、2番目の人から始まったりしますね。
    そうすると、1番目のコメント主が
    『あっ!スルーされた。』と凹む。

    そんな経験ってありませんでしょうか?

    メールで管理してても たまにやらかして 
    申し訳ないなぁって思ったりしています。

  9. あきちゃん より:

    キャッチボール
    ボール投げたら、投げ返してくれるかなって思うのが普通ですからね。そういう意味では返事があることを期待して待ってしまいますよね。でも面白い記事に出会えただけで充分で、コメント入れれたら幸せで、返事があったら奇跡って思ってたら、それでも充分幸せだったりして。

  10. けんちゃん より:

    あきちゃん同様
    そんな感覚で楽しんでます。

  11. じゅん吉 より:

    けんちゃん!
    けんさんといっても皆、違うんだよね。当然だけど、それぞれ皆、個性がある人ばかり!

    > 他にもブログ仲間に今数えてだけで4人居る!

    へ~?もうそんなに出遭ったの?すごいね!
    それは、いたるところに出没しているからだね!
    そのいたるところでけんちゃん本人のコメント見かけるんだよね!

  12. じゅん吉 より:

    kuni@92の扉さん!!
    はじめまして!確かどこかのコメント欄にてお会いした事があるようです。それからトラックバック記事での紹介リンクありがとうございます。

    会話は、確かにキャッチボールですよね。時々息子と本当のキャッチボールしていて、必ず私から「もうやめよう」と言い出す。大体疲れるのは私のほう。

    会話の場合は、適当に何度かキャッチボールして「じゃ~」なんていって終わりにする。でもコメントやメールだと暗黙の了解でワンツーで大体終わりでいいよね。某掲示板やチャットのように何度もレスする必要性はそれほどない。

    でもコメントでキャッチボールのように何度もレスを続けるのもなかなか面白いものですよ。結構時間とられちゃうけどね。いろいろと楽しい経験はありますね。

    それから、

    > Internet を介したコミュニケーションでも、その向こうに人がいるんだ、ということを認識

    こういうことなんですよ!バーチャルなネットと言うけど、実際はロボットやマシンと会話しているわけでない。モニターの向こうには必ず人格をもった人間がいるんですね。それをわかってほしいな~なんてつい思ってしまうんですよね!!

  13. じゅん吉 より:

    πさん!
    > 『あっ!スルーされた。』と凹む。

    πさんとこではないけど、何で私だけ無視されるんだろうってことはあるよ。そのときはちょっと凹んだ!(笑)

    あと、過去記事なんかにコメント入れてもレスがちっともない時って結構あるんだよね。まあそういう時はそれほど凹まないけどね。でもちょっとさびしいな~。

  14. じゅん吉 より:

    あきちゃん!おまけ?に、けんちゃん!
    コメントはキャッチボールってことですね!まさに。

    でも、コメントレスの習慣のない人とわかれば、以後はなかなかコメント入れにくいものですね。

  15. けんちゃん より:

    過去記事のコメント
    しっかり見てますよ。レスし難いときは、コメンテーターの健康状態を見て相手のブログにレスしちゃうこともあるんだ。
    記事内容と違うときは無理やりこじつけてね。
    また、メールで返事したりお伺い立てたりといろんな方法でコミュニケーションとったりするんだ。その場合、他人が見たら置き去りにされたコメンテーターを嫌ってるのかと疑われるのが嫌で話題転換レスするようにしてます。

  16. オチ より:

    じゅん吉さんの記事を読んで
    会社の仕事のことなんですが
    相棒とたくさん会話している日と
    あまりか会話しなっかた日と
    トラブルの量がまったく違うんです。
    仕事とまったく関係のない
    世間話なのですが。

    相年も離れてて趣味があうわけでもない
    2人がうまくかみ合うよう世間話が
    油をさしてくれているような気がします。
    これぞコミニュケーション効果ですかね?

    会話って大切ですね~改めて思いました。

    オチでした。

  17. じゅん吉 より:

    けんちゃん!
    いつもけんちゃんには、関心させられます。
    けんちゃんは、コメントというものを最大限に生かしている方ではないでしょうか?

    ブログと言うものを充分すぎるくらい楽しんでるのがわかります。
    あ!「話題転換」って駄洒落が出てくるのがそれだね!!

  18. じゅん吉 より:

    オチくん!
    なんでもそうだけど、コミュニケーションって大切だってことですね。

    普段の生活から会話が少なくなってしまうと、その人が一体何を考えているのかわからなくる。
    そうならないようにしないといけないですね。
    身近な人であればあるほど。

    特に普段の生活は、ブログ以上に気をつけないといけませんね。

  19. kuni@92の扉 より:

    そっか!
    こちらでは「はじめまして」でしたっけ? 何だかすっかり、勝手にお知り合い気分になってました(苦笑)

    いや、コメント入れるほどの熱心な読者ではなかったのですが、ブログに関する質問とかをうちで受けた時には、よく じゅん吉 さんや はじめま略 さんの記事を紹介してたんですよ。
    (下手に自分で説明するより、よっぽどわかり良いので!)

    あらためて、この場で御礼申し上げます~

    > でもコメントやメールだと暗黙の了解でワンツーで大体終わりでいいよね。

    そうですね。むしろ、場所によっては「1往復がマナー」っぽくなっているところもありそうです。

    何度も繰り返すと、粘着質っぽく見られたり、他の読者が引いたりしかねないし…(苦笑)

    > でもコメントでキャッチボールのように何度もレスを続けるのもなかなか面白いものですよ。

    そうなんですよ。それで話題が深まったり、広がったり、新たな発展につながることもありますもんね!

    逆に、そういうコメントを添えられるよう、コメントする読者(もしくはコメント返しをするブログ主)も心掛けられるようになると、一層面白くなるかもしれません。

    (ただ、流れによっては他の人がコメントしにくくなる恐れもあるので、そのあたりのバランス感覚も必要でしょうが…)

    結局、対面していようが、電話だろうが、Internet経由だろうが、コミュニケーションの方法にはそれぞれに一長一短があるし、補わなければいけない要素やテクニックも様々。TPO に応じて、それを使い分け(あるいは補い分け)していくよう、考えていきたいものだと思います。

  20. じゅん吉 より:

    kuniさん!
    今さっき、パソコンサークルから帰ってきたばかりなんですよ。

    ブログのことをレクチャーする時は、コメントやトラックのことは避けて通れないのですが、基本的にいつも日ごろの生活に照らし合わせて教えています。

    つまりコメントは会話!だよってね。普段の礼儀とか挨拶は当然できる人ばかりなので、理解は早いです。

    日ごろの礼儀やマナーを語ればブログの本質も融けていくんですね。不思議と。ネットであっても実社会であってもまったく一緒だよってね。

    決して難しいものではなくモニターの背後には人格があるわけでして。そんなステキな出会いもネットでできるってことをみんなで体験してます~!!

  21. まに より:

    振り返ると
    直接会っていれば言葉少なでも通じ合うものがあったりするのですが、ネットでは言葉にしないとどうにもならないですからね。
    そういった面でちょっと苦手でしたね。
    目を見て微笑めば済むことを粗雑な言葉にしなくてはならないとは! しかも言葉では不十分だと感じることもありますし。
    そういう意味で論理的なやりとりの方が向いているのかな?って感じています。(今のところは)
    感情的な面では直接会っていれば肩を叩いたり、そんな表現がふさわしい場面も、ネットでは言葉しかないから、言葉で大丈夫とか頑張れとかってなってしまいますが、そうすると何か嘘くさくなってしまうような…ね。
    別に結論付けたわけではないので。まだ模索中です。

  22. じゅん吉 より:

    ま!まにさん!!
    お元気ですか???
    ビックリしているんですよ。サイトがなくなってしまっていて。でもこうやって来てくれて、なんだかホットしています。ネットでの出会いは、顔も声もわからず、確かにキーボードを叩いて、文字にするという会話なわけでして。確か一年前に書いたことある記事、http://blog.goo.ne.jp/junichix/e/0d7f8a1abd5f6e0d24abf1078ca8cbc0
    こんなことだってあるわけでして。

    実際私も結構ネットでは苦労しているんですよ(笑)

    でも、まにさんに会えてよかった。ホントよかった!

  23. じゅん吉 より:

    kenzoさん!
    こちらでははじめまして!ようこそ!

    このスレッド、4人目の“けんさん”がきてくれた!!

    コミュニケーション。これ!実生活もネットもコミュニケーションすることによっていろいろな事が生まれてくる。新しい出会いもある。その中で、特にブログと言うものがとても実生活に近いコミュニケーションツールではないのかと私は思っているんですよ。

    今までの掲示板とは、ちょっと違うってね。

    それから、

    > 投稿ボタンを押す時って初めて会った人に声をかける瞬間に似てる

    そうそう。ちょっと勇気がいるんですよ。確かに。でもね。話しかけたら、すーっとしますよね。それと同じだね。

  24. まに より:

    そうか
    一応辞めるという最後の記事書いたのですが、次の日に解約してしまったので。
    でも以前と同様に各ブログを見させてもらっていますよ。

    楽しくないことも多少は起こるけれど、それを上回る楽しさがあるからブログを続けるんですね。
    コミュニケーションを楽しむには、積極的に前に出ること。
    嫌なことに出くわすのは避けられないかも知れませんが、それ以上に楽しいことがある。
    それはネット外でも同じですね。

    皆さんのコメントを読んで、そんなことを思いました。参考になります。

  25. じゅん吉 より:

    まにさん!
    そおっか~!
    でもたとえURLリンクがなくても、今まで互いに会話できた事は、忘れる事ができないよ。

    もしだよ。もしもだよ。またURLリンクを記す事が出来るようだったらさりげなく記しておいてね。

    また元気な声聞かせてね!

  26. パーシー より:

    こんばんは
    ブログの醍醐味はコメントとTBだから、やっぱり無いと寂しいもんだし、コメントのレスは大事。
    ・・・私の場合何日も遅れたりして偉そうに言えませんが。
    返答がなかったりすると寂しいもんですね。
    会話ですから。
    独り言になっちゃうもんね。

  27. けんちゃん より:

    ひとりごと
    だから、独り言ってタイトルとかカテゴリーを作る人が多いんですよね。
    自分の足跡として日記感覚で淡々と続けてもそれはそれでいい!

  28. じゅん吉 より:

    あらら!パーちー!!
    コメレスは、ブログの楽しみに一つだよね。
    自分の書いたコメントにどんなレスを付けてくれるか一つの楽しみなんだよね~。

    だからみんなコメントしてくれるんだと思っているよ。だから、レスの方が気を抜けないな~。

  29. じゅん吉 より:

    けんちゃん!
    ついにこのスレッドに4人のけんさんがきてくれたぞい。。。kenzoさんがね。
    これは記録ですぞい。

    あ、ひとりごとになってしまった。コメントレスになっていない。

  30. アキ より:

    2人目のアキ入ります
     最近アドバンスにしましたので、アクセス解析をみて、検索エンジンから過去記事に来てくれる人が多くてビックリ。
     多分、知りたい情報を検索して私のブログ来てみたけれど、欲しい情報が無くてがっくりして帰っていく、というオチだと思いますけれど、たとえコメント残してくれなくとも、過去記事に訪問者がいると、とても嬉しいのです。
     「声無き声援」と勝手に解釈しています。「声無き声援」も相手からの何らかのアクションだと前向きに解釈しています。

     じゅん吉さんの過去記事を見て、そこににコメント入れなくとも、そこから何かを得ていく人、けっこういると思います。
     記事を書き連ねるってまずはギブ&ギブで(特にじゅん吉さん、ブログ書くために重要な事、書きまくってますよ、過去記事はブログ辞書。)
     ギブ&ギブを受けた人はいつかテイクしたい、とコメント残す。これが今コメント書いている私の心境です。ここにコメント残したい予備軍けっこういるのでは?

     しかし、コメント書くのもセンス要りますね。勇気もいるな。キャッチボールがヘタですっぽ抜けも多いアキでした!?

  31. じゅん吉 より:

    kenzoさん!
    kenzoさんをお呼びするには、お名前を呼べばいいわけですね!
    正義の味方!のようにね!(笑)

    > あくまで道具として、楽しみながら気楽にできるのが理想

    まさに理想です。楽しみなくしては続かないものです。でも私自身は、道具というより、もはや生活、いやビジネス的にも、このネットというものなくしては、今の私が存在しないくらいになってしまいました。電話が、生活に一部となってしまったように。だから、ネットでお付き合いして下さっている方々は、このブログに限らず大切にしたい気持ちでいっぱいです。

    それから、はじめての方を訪問することって、コメントは、会話であるというものの、実社会の人に挨拶する以上に、緊張してしまいますね。だってログとして残ってしまうから。でもそんなこといってるから、前に進まないのであって、思い切りが必要なんでしょう。私も正直勇気が要ります。はじめての人にコメント残すことって、大変な労力が必要です。でもそれを乗り越えたら、スーッとしますね。書いてよかったと。。

  32. じゅん吉 より:

    アキさん!
    アクセスログをみると季節感がわかりますね?
    私自身のブログみるかぎりカブトムシの記事にたくさんのアクセスがありましたが、そろそろって感じで減り始めています。
    実際過去の記事が有用な記事かどうかは別として、また読んでくれているかどうかも別としてアクセスがあるってことは嬉しいものです。でもしっかり読んでくれているかどうかは、わからないので、やっぱりコメントのが入るのとはいらないのって全然違いますね。もちろん要求すべきでないですが。コメント残してくれる人には、本当に嬉しさ100倍です。

    でもアキさんが言うように、ギブ&ギブの精神が必要なんでしょう!与えて与えて、相手に要求しないことって、まさに親が子供を育てるように無償の愛情のようにしないといけないのでしょうね。極論ですがね。

    それから、

    > ブログ書くために重要な事、書きまくってますよ、過去記事はブログ辞書。)ギブ&ギブを受けた人はいつかテイクしたい、とコメント残す。これが今コメント書いている私の心境です。ここにコメント残したい予備軍けっこういるのでは?

    え?そうなんだろうか?そういってくださるのは嬉しいですね!私も励みになります。コメントもらうために記事書いているわけではないのですが、反応があるってのが一番の嬉しいことなんですよね。何でもそうなんだけどね。だからブログはその反応がすぐにでも感じ取れるネット情報のツールとして私はもはや欠かすことが出来なくなってしまいました。

    PING:
    TITLE: いただいたコメントやトラックバックについて思うこと
    BLOG NAME: 92の扉 ☆ Summer Special ☆
     こうして Internet でブログを公開している以上、いろんな方に読んでいただけていることはありがたいことですし、コメントやトラックバックをいただくことは、基本的に大きな励みになるものです。

     ただ、わけのわからんトラックバックスパムやコメントスパムが迷惑(&